福山市の大学受験・大学入試を目指す高校生のための英語専門学習塾。福山市で英語塾をお探しの方は、森岡イングリッシュスクールへ。
ブログ

ブログ

難関大英語攻略ワンポイントアドバイスno.60

  リスニング力を高めるには、長文読解で読んだ文章を繰り返し音読することと、ted talksや音声教材のスクリプトを理解した上で音読、リスニングを繰り返すと効果的です。共通テストや二次でリスニングがある場合、 …

難関大英語攻略ワンポイントアドバイスno.59

  if節(条件節)がない文で、would + 原形という形を見た時は、(その他の用法もありますが先ず)①単純な現在の推量なのか②仮定法で「(〜なら)…するだろう」= 「〜ではないし…す …

難関大英語攻略ワンポイントアドバイスno.58

  長文につける適切なタイトルを選ぶタイプの問題では①冒頭パラグラフから文章全体の主張文(主題)を把握②文章の最後に締めくくりとして総括される箇所で主題を再確認すると、話の焦点を的確に捉えることが出来ると思いま …

難関大英語攻略ワンポイントアドバイスno.57

  現在形については、文法問題で「現在の習慣」や「不変の真理」を表すと学ばれると思いますが、実際の長文を読む時も何となく「現在行っている事」ではなく、現在形のニュアンス(昔も今もこれからもいつも繰り返される性質 …

難関大英語攻略ワンポイントアドバイスno.56

  equally,similarly,in the same wayは類似情報の提示を表すディスコースマーカーです。前後の文で、「何と何が同じなのか」を確認しておきたいですね。基本的に(+)イメージ⇨(+)イ …

難関大英語攻略ワンポイントアドバイスno.55

  英語の長文(評論文)を読む時は、冒頭部分(第1〜第3パラグラフあたり)で文章の主題、筆者の1番言いたいことをつかむことが大切ですね。普段日本語の文章で、最後まで待ち構えて主題を探すというスタンスがあるかもし …

難関大英語攻略ワンポイントアドバイスno.54

  so〜that…、such〜that…構文は「そんなに、そのような」とthat以下の内容を予告的に指し示す指示語ですので、文中にthatが2つ以上含まれる文構造では、どのthat節が …

難関大英語攻略ワンポイントアドバイスno.53

  文頭に前置詞がある時、その前置詞の意味的な影響が及ぶ範囲(支配領域)内には文の主語はないということを感覚的に理解されている方も多いと思いますが、前置詞からのカタマリが長くなった時も、主語が現れるまで粘り強く …

難関大英語攻略ワンポイントアドバイスno.52

  文中のand,or,butが並列するものを考える時、①and,or,butの直後(修飾語M除く)の形を確認。例⇨形容詞(句、節)、to不定詞、動名詞句など。②前に戻って同じ形の語句を探す③文の流れが後ろに並 …

難関大英語攻略ワンポイントアドバイスno.51

  長い英文で文構造がつかめない時、とりあえず三単現のSに目をつけるといいと思います。主語は当然三人称単数の名詞、または名詞句、名詞節(名詞のカタマリ)に限定されます。勿論is(was)かare(were)か? …

1 2 3 29 »


お電話でのお申込み・ご相談


フォームでお申込み・ご相談

  • facebook
  • twitter
無料資料請求

成績UPのヒント満載。
資料請求いただいた方に小冊子をもれなくプレゼント!

無料資料請求はこちら

掲載情報

(株)アルクさんの 「イング
リッシュジャーナル5月号」
に掲載して頂きました。
(取材:2008年2月)

モバイル

PAGETOP
Copyright © 森岡イングリッシュスクール All Rights Reserved.